平成13年9月の保守点検等の具体的な状況は、次のとおりです。
期   間 保守点検等の状況
9月1日−5日

 
 左記期間中、愛媛県モニタリングポスト(伊方越、川永田、豊之浦、加周、大成)のデータは保守点検のため欠測することがあります。
9月4日19時10分−9月4日19時50分



 
 副監視局(松山市)の処理系計算機の不調のため、インターネット表示機能が利用できなくなりました。
 なお、中央監視局(伊方町)の収集系計算機には、異常はなく、データの収集及び監視には問題ありませんでした。
4月1日−9月1日














 
 県では、放射線の測定監視を強化するため、平成13年4月から、モニタリングポスト5局(伊方越、川永田、豊之浦、加周、大成)を新たに設置し、それぞれの局に電離箱検出器及びNaI検出器の2種の測定器を設置して、同時に放射線の測定を実施しています。
 このうち、NaI検出器での測定値が、部品不良のため最大10%低めに表示されていました。
 9月1日までに正常な部品に取替を完了し、現在は正常な測定値が表示されています。
 電離箱検出器には問題なかったことから、伊方発電所周辺の環境放射線監視には影響ありませんでした。
(詳細は、9月20日報道発表資料を御参照下さい。)