[異常時通報連絡の公表文(様式1−1)]
 伊方3号機燃料取替クレーン水中テレビリール制御盤の異常について
 
13.4.6
環境政策課
(内線2443)
[異常の区分]

国への法律・通達に基づく報告対象事象
 
          

[評価レベル  ]
県の公表区分         

外部への放射能の放出・漏えい
 
          

[漏えい量   ]



異常の概要


 
発生日時 平成13年4月5日4時57分

発生場所
 
  1号・2号・3号・共用設備

 
管理区域内  管理区域外

  
 
設備の故障、異常

・地震、人身事故、その他
 
[異常の内容]
1 4月5日5時40分、四国電力鰍ゥら、別紙のとおり、伊方発電所の異常に係る通報連
 絡がありました。その概要は、次のとおりです。
 (1) 伊方3号機原子炉格納容器内の燃料取替クレーン点検作業員が、燃料取替クレーン
  水中テレビリール制御盤より、発煙していることを発見した。
 (2) 制御盤の扉を開けて確認したところ、新たな発煙は発生しておらず、発煙が停止し
  ていることを確認した。
 (3) 原因は調査中である。
[原因と対策]
1 その後の四国電力鰍フ調査の結果、
  ○水中テレビ用ケーブル巻取りリールのブレーキコイルの電気抵抗値が低下している
   こと
  ○この回路に電源を供給している変圧器に過熱した跡があること
 などから、変圧器に過電流が流れ、過熱・発煙した可能性が高いものと推定される。
2 今後、原因究明のための詳細調査を実施する。
3 燃料取替え作業には影響ないが、仮設の水中テレビを準備することとする。
 
 県としては、伊方発電所に職員を派遣し
  ○四国電力の報告内容に間違いないこと
  ○原子炉格納容器内の放射線等のモニタ値に異常のないこと
等を確認しています。
 
 (伊方発電所及び周辺の状況)

原子炉の運転状況
 
1号機 運転中(出力 100%)・停止中
2号機 運転中(出力 100%)・停止中
3号機 運転中(出力  %)・停止中
発電所の排気筒・放水口モニタ値の状況   通常値  ・  異常値
周辺環境放射線の状況   通常値  ・  異常値
 

 
伊 方 発 電 所 情 報
(お知らせ)

発信年月日

 平成13年 4月 5日 ( 木 )   5時 40分

発 信 者

 伊方発電所 秋山   

号   機

 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 

発 生 前
状   況

 1.出力   MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)
 2.第5回 定期検査中













発生 状況
 概 要








 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1.発生日時:  4月  5日  4時 57分

2.場  所: 3号機 格納容器32M 管理区域内

3.状  況:
   3号機の燃料取扱クレーン点検作業員が、「燃料取扱クレーン
  水中ケーブルリール制御盤」より発煙していることを発見した。
   盤のトビラを開けて確認したところ、新たな発煙は発生してお  
  らず、発煙が停止していることを確認した。
   原因は、調査中である。










 


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考


 





 
 
 
伊 方 発 電 所 情 報
(お知らせ,第2報)

発信年月日

 平成13年 4月 6日 (金)   9時 10分

発 信 者

 伊方発電所 森岡

号   機

(定格出力)


 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 
 

発生前の
状   況

 1.出力 566MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)
 2.3号機第5回定期検査中







発 生 状 況
 概  要

























 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1.発生日時: 4月 5日  4時 57分

2.場  所: 3号機 格納容器32m(管理区域内)
                   
3.状  況:
   3号機の燃料取替クレーン点検作業員が「燃料取替クレーン水中
  テレビリール制御盤」より発煙していることを発見しました。

   盤の扉を開けて確認したところ、新たな発煙は発生しておらず、
  発煙が停止していることを確認しました。
                    (第1報にてお知らせ済み)
   
   その後の調査の結果、
   ・原子炉格納容器内の燃料取替クレーンに設置している水中テレ
    ビ用ケーブル巻き取りリールのブレーキコイルの電気抵抗値が
    低下していること
   ・この回路に電源を供給している変圧器(制御盤内に設置)の表面
    にこげた跡があることなど
  が確認されました。
   このことから、変圧器に過電流が流れ、過熱して発煙した可能性
  が高いものと推定されます。
   今後、原因究明のための詳細調査を実施することと致します。

   本件は国への報告事象対象には該当しません。

   なお、当該水中テレビは燃料取替時にクレーンで燃料をつかんだ
  り離したりする動作を必要に応じて確認するためのものであり、燃
  料取替作業には影響ありませんが、仮設の水中テレビを準備するこ
  とと致します。
   
   本件による定検工事への影響並びに環境への放射能の影響はあり
  ません。


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考

 

○添付資料−1:伊方3号機 発煙発生場所
○添付資料−2:燃料取替クレーン外形図
○添付資料−3:水中テレビリール制御盤単線結線図