[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成13年5月分)
 
13.6.11
環境政策課
(内線2443)
 
1 平成13年5月に、安全協定に基づき四国電力鰍ゥら県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。



































 
県の
公表
区分

異常事項
 

発生年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備 考
 





 
格納容器内で補機冷却水漏れ
(3号機)


 
13. 5. 3




 
補機冷却水系統への水張中、仮設ホース接続部から補機冷却水(放射能を含まない系統水)約1.2mが格納容器内に漏えい。カプラ(配管の簡易接続器具)を取替え復旧。




 
×




 
速報済




 






 
中性子束分布検出器の挿入不良
(1号機)




 
13. 5.21





 
中性子束分布検出器の、36本の案内管のうち1本への挿入不良。残り35本の測定により、中性子束分布測定試験は終了済。案内管内の付着炭酸化合物を除去するため、真空引きを実施。





 
×





 
速報済





 
A※






 
1次冷却水サンプリング系統手動弁からの漏えい
(3号機)



 
13. 5.23






 
1次冷却水系統の漏えい検査において、1次冷却水(放射能を含む系統水)約2.5ccがサンプリング系統手動弁から格納容器内に漏えい。ガスケット(配管と配管を接続する部分のシール材)を取替え復旧。






 
×






 
速報済






 




 
タービン動主給水ポンプ排気弁の閉止不良
(3号機)

 
13. 5.24



 
タービン動主給水ポンプの立上げ作業中、排気弁の閉止機能の不良を確認。排気弁の開閉機能を調整するリミットスイッチの設定を調整し復旧。



 
×



 
今 回
発 表


 






 
湿分分離加熱器加熱蒸気配管からの漏えい
(3号機)



 
13. 5.29





 
3号機の立上げ作業中、湿分分離加熱器加熱蒸気配管から2次系蒸気(放射能を含まない系統蒸気)が漏えい。ガスケット(配管と配管を接続する部分のシール材)を取替え復旧。





 
×





 
今 回
発 表





 
※国への法律又は通達に基づく報告対象事象の有無の確認に時間を要したため、A区分として 公表したが、その後報告対象にならないことを確認した。
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。

[異常時通報連絡の公表文(様式1−1)]
タービン動主給水ポンプ排気弁の閉止不良について
 
13. 6.11
環境政策課
(内線2443)
[異常の区分]

国への法律・通達に基づく報告対象事象
 
    有   ・   

[評価レベル  ]
県の公表区分     A ・ B ・ 

外部への放射能の放出・漏えい
 
    有   ・   

[漏えい量   ]



異常の概要


 
発生日時  13年 5月24日 6時00分

発生場所
 
  1号・2号・3号・共用設備

  管理区域内 ・ 管理区域外

種  類
 
設備の故障、異常

・地震、人身事故、その他
 
[異常の内容]
 5月24日(木)6時30分、四国電力鰍ゥら、別紙のとおり、伊方発電所の異常に係る通報連絡がありました。その概要は、次のとおりです。
1 5月24日(木)6時、定期検査中の伊方3号機のタービン建屋で、主給水ポンプの立上作業において、タービン動主給水ポンプ排気弁の閉止機能が不調であることを確認した。
2 今後、点検・調査を行うこととする。
3 本事象による環境への影響はない。
 
[異常の原因及び復旧状況]
 5月25日(金)16時10分、四国電力鰍ゥら、原因及び復旧状況について、次のとおり連絡がありました。
1 調査の結果、排気弁のリミットスイッチが全閉を検出しているにも関わらず、弁体のシートリングと弁座の間に若干のすき間があることを確認した。
2 このため、リミットスイッチの調整を行い、異常のないことを確認し、5月25日(金)14時50分、通常状態に復旧した。
 
 県としては、八幡浜中央保健所職員が、復旧状況等を現地で確認しました。
 
(伊方発電所及び周辺の状況)

原子炉の運転状況
 
1号機 運転中(出力100%)・停止中
2号機 運転中(出力100%)・停止中
3号機 運転中(出力   %)・停止中
発電所の排気筒・放水口モニタ値の状況   通常値  ・  異常値
周辺環境放射線の状況   通常値  ・  異常値

 
 
           伊 方 発 電 所 情 報
                (お知らせ)

発信年月日

 平成13年 5月24日 ( 木 )   6時 30分

発 信 者

 伊方発電所 秋山      

号   機

 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 

発 生 前
状   況

 1.出力   MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)
 2.第5回 定期検査中













発生 状況
 概 要








 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1.発生日時:  5月 24日  6時 00分

2.場  所: 3号機 タービン建家内

3.状  況:
   伊方3号機は、第5回定期検査中でありますが、タービン動主給水
  ポンプ3Aのポンプとタービンの軸接続作業のための隔離作業におい
  て、このタービンと復水器間にある弁の閉止機能が不調であること 
  が、本日6時に確認されました。
   今後点検、調査することといたします。
   なお、本事象による環境への影響はありません。
                                 
  







 


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考


 

 添付資料−1:伊方3号機 機能不調弁位置図
 添付資料−2:伊方3号機 主給水ポンプ廻り概略系統図


 

 
伊 方 発 電 所 情 報
(お知らせ,第2報)

発信年月日

 平成13年 5月25日 (金)   16時 10分

発 信 者

 伊方発電所  森岡 








号 機

(定格出力)


 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 
 

発生時

状 況

 1.出力566MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)
 
  2.第 5回 定期検査中







発 生 状 況
 概  要


















 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1.発生日時:  5月 24日  6時00分

2.場  所: 3号機 タービン建屋内

3.状  況: 
    伊方3号機は、第5回定期検査中でありますが、タービン動主給
   水ポンプ3Aのポンプとタービン軸接続作業のための隔離作業にお
   いて、このタービンと復水器間にある弁の閉止機能が不調であるこ
   とが、5月24日、6時に確認されました。
                     [第1報にてお知らせ済]

    調査の結果、当該電動弁のリミットスイッチ* が全閉を検出して
   いるにもかかわらず、弁体のシートリングと弁座の間に若干の隙間
   があることが確認されました。
    このため、リミットスイッチの調整を実施した後、全閉位置にお
   いて漏えいの無いことを確認し、本日、14時50分、通常状態に
   復旧しました。
    なお、タービン動主給水ポンプ3Bについても同様にリミットス
   イッチの調整を行いました。

    本事象による環境への放射能の影響はありません。

    本事象にかかるお知らせは、本報をもって終了させて頂きます。

   *:全閉位置を検出し、自動的に弁の作動を停止させるためのもの


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考

 

添付資料−1:伊方3号機 機能不調弁位置図
添付資料−2:伊方3号機 主給水ポンプ廻り概略系統図
添付資料−3:伊方3号機 主給水ポンプ駆動タービン排気弁点検状況
 


県の公表区分の説明など 周辺環境放射線確認結果  異常発生箇所(系統図)
写真 用語解説