[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成13年7月分)
 
13.8.10
環境政策課
(内線2443)
 
1 平成13年7月に、安全協定に基づき四国電力鰍ゥら県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
































 
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備 考
 









 
発電機窒素ガス封入装置からの窒素ガス漏えい
(3号機)





 
13. 7. 2








 
発電機内の封入水素ガスが漏えいした場合に、ガス置換のために使用する窒素ガス封入装置の窒素ボンベ90本のうち、1本の安全弁部分から窒素ガスが漏えい。全てのボンベの取替えを実施し、通常状態に復旧。他に炭酸ガスによる置換設備もあるため、運転には支障なかった。








 
×








 
今 回
発 表







 





 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1号機)


 
13. 7. 6




 
東予地方の送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大7%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響なし。




 
×




 
今 回
発 表




 







 
復水器冷却海水系統の除貝装置の清掃
(2号機)




 
13. 7.19






 
復水器冷却海水配管内にある除貝装置(金網)が詰まり、高圧水洗浄でも解消しなかったため、復水器への海水の通水を部分的に停止して、除貝装置の開放点検、清掃を実施。付着していた多数の貝や海藻類を除去、清掃し、復旧。






 
×






 
今 回
発 表





 





 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1号機)


 
13. 7.31




 
宇和島地方の送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大5%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響なし。




 
×




 
今 回
発 表



 
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。

[異常時通報連絡の公表文(様式1−1)]
伊方2号機復水器冷却海水系統除貝装置の清掃について
 
                             13. 8.10
                             環境政策課
                             (内線2443)
[異常の区分]

国への法律・通達に基づく報告対象事象
 
          

[評価レベル  ]
県の公表区分         

外部への放射能の放出・漏えい
 
          

[漏えい量   ]



異常の概要


 
発生日時  13年 7月19日11時47分頃

発生場所
 
  1号・2号・3号・共用設備

 
管理区域内  管理区域外

  
 
・設備の故障、異常

・地震、人身事故、その他
 
[異常の内容]
 7月19日11時55分、四国電力鰍ゥら、別紙のとおり、伊方発電所の異常に係る通報連絡がありました。その概要は、次のとおりです。
1 7月19日11時47分頃、伊方2号機の復水器冷却海水系統に設置している除貝装置の差圧に上昇傾向が認められたことから、洗浄を実施したが、差圧が十分に低下しなかったため、復水器の水室を隔離して除貝装置の清掃を実施する。なお、この作業により電気出力が約3%低下する。
2 本事象による環境への放射能の影響はない。
 
[異常の原因及び復旧状況]
 7月19日19時55分、四国電力鰍ゥら、原因及び復旧状況について、次のとおり連絡がありました。
1 除貝装置を開放点検したところ、貝や海藻類が金網(ストレーナ)に多数付着していることが確認された。
2 このため、これら付着物の除去・清掃を行い、7月19日19時47分、通常状態に復旧した。
 
 県としては、職員が復旧状況等を確認しました。
 
(伊方発電所及び周辺の状況)

原子炉の運転状況
 
1号機 運転中(出力100%) ・停止中
2号機 運転中(出力100%) ・停止中
3号機 運転中(出力100%) ・停止中
発電所の排気筒・放水口モニタ値の状況     通常値  ・  異常値
周辺環境放射線の状況     通常値  ・  異常値

 
伊 方 発 電 所 情 報
(お知らせ)

発信年月日

 平成13年 7月 19日 (木)   11時 55分

発 信 者

 伊方発電所  町田








号 機

(定格出力)


 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 
 

発生時

状 況

1.出力 566MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)

2.第 回定期検査中







発 生 状 況
 概  要



















 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1 発生日時: 7月19日 11時 47分頃

2 場  所: 2号機 タービン建屋 (非管理区域) 
                   
3 状  況: 
   伊方2号機は定格出力で運転中のところ、復水器冷却海水系統
  に設置している除貝装置の差圧に上昇傾向が認められたことから、
  同装置の洗浄を実施しましたが差圧が十分に低下しなかったため、   復水器の水室を隔離して除貝装置の清掃を実施することとします。
   清掃は4つの除貝装置のうち、差圧の高い2つについて実施しま   す。なお、この清掃作業中は復水器水室を隔離するため、電気出力
  が約15MW(約3%)程度低下します。
       
   本事象による環境への放射能の影響はありません。


   *海水中の貝や藻類を除去するためのものであり、これらが付着
    すると差圧が上昇します。    







 


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考

 

添付資料−1:伊方発電所第2号機 復水器除貝装置位置図
添付資料−2:除貝装置概念図

 
 

 
 
伊 方 発 電 所 情 報
(お知らせ,第2報)

発信年月日

 平成13年 7月 19日 (木)  19時 55分

発 信 者

 伊方発電所  町田








号 機

(定格出力)


 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 
 

発生時

状 況

1.出力 566MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)

2.第 回定期検査中







発 生 状 況
 概  要




















 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1 発生日時: 7月19日 11時 47分頃

2 場  所: 2号機 タービン建屋 (非管理区域) 
                   
3 状  況: 
   伊方2号機は定格出力で運転中のところ、復水器冷却海水系統
  に設置している除貝装置の差圧に上昇傾向が認められたことから、
  4つある除貝装置のうち、差圧の高い2つについて復水器の水室を
  隔離して除貝装置の清掃を実施することとします。
   なお、清掃作業中は復水器の水室を隔離するため、電気出力が約
  15MW(約3%)程度低下します。
                    (第1報でお知らせ済み)

   除貝装置2Aおよび2Dを開放したところ、貝や海草類を取り除
  くための網(ストレーナ)に海草等が数多く付着していることが確
  認されました。
   このため、これら付着物の除去・清掃を行い、本日19時47分、  通常状態に復旧しました。


   本事象による環境への放射能の影響はありません。

   本報をもって、本事象にかかるお知らせを終了させて頂きます。

   *除貝装置は、海水とともに流入してくる貝や海草類を除去する
    ためのものであり、これらが付着すると差圧が上昇します。    


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考

 

添付資料−1:伊方2号機 復水器除貝装置位置図
添付資料−2:伊方2号機 復水器冷却海水系統図
添付資料−3:除貝装置概念図
 


県の公表区分の説明など 周辺環境放射線確認結果  異常発生箇所(系統図)
復水器冷却海水系統図 除貝装置概要図 用語解説