用語の解説
 
○海水ポンプ
 補機冷却水等を冷却するための海水を、取水ピットから汲み上げ、供給するためのポンプ。
 4基設置されており、通常は2〜3基運転している。異常発生時には、A,B,Dの3台が運転されていた。
 
○海水ポンプ潤滑水
 海水ポンプの軸受の冷却と潤滑のために、軸受に通水している海水。
 
○潤滑水流量計
 潤滑水の流量を測定する計器。
 
○潤滑水流量計警報設定器
 潤滑水流量が設定値を下回ると警報を発信させる計器。
 潤滑水流量が低下すると軸と軸受が焼き付くため、通常3mの海水を通水しており、2m以下になると警報がなるように設定されている。