[異常時通報連絡の公表文(様式1−1)]
伊方2号機原子炉内中性子測定装置案内管の欠陥指示について(第2報)
 
                              13.9.14
                             環境政策課
                             (内線2443)
[異常の区分]













 

国への法律・通達に基づく報告対象事象
 
          

[評価レベル0−]
県の公表区分         

外部への放射能の放出・漏えい
 
          

[漏えい量   ]



異常の概要


 
発生日時  13年 9月 8日14時40分

発生場所
 
  1号・2号・3号・共用設備

 
管理区域内  管理区域外

  
 
設備の故障、異常

・地震、人身事故、その他













 
 
[異常の内容]
 9月8日に、四国電力鰍ゥら、伊方2号機原子炉内中性子測定装置案内管に複数の傷が確認されたとの異常通報連絡があったが、その後の調査状況について、本日10時40分、別紙のとおり、第2報がありました。その概要は、次のとおりです。
1 案内管の傷は非常に浅く、表面組織観察を実施した結果、有害な傷ではないことが確 認された。
2 小型テレビカメラにより、さび上方の原子炉容器保温材とコンクリート壁の隙間を点検した結果、原子炉容器保温材下端から約4.9mの位置に、異物があるのを確認した。
3 異物から下の保温材表面及びコンクリート壁面には、液だれの跡があったが、異物から上には認められなかった。
4 異物を回収した結果、テープ1巻(外径70mm、幅45mm)であることを確認した。
5 今後引き続き、異物等の分析、原子炉容器上部周辺の調査等を実施する。
 
 県としては、今後とも四国電力鰍フ原因調査を注視することとしている。
 
 
 (伊方発電所及び周辺の状況)




 

原子炉の運転状況
 
1号機 運転中(出力100%)・停止中
2号機 運転中(出力  %)・停止中
3号機 運転中(出力100%)・停止中
発電所の排気筒・放水口モニタ値の状況   通常値  ・  異常値
周辺環境放射線の状況   通常値  ・  異常値




 

 
伊 方 発 電 所 情 報
(お知らせ,第2報)

発信年月日

 平成13年 9月14日 ( 金 )   10時 40分

発 信 者

 伊方発電所 森岡   








号 機

(定格出力)


 1号機(566MW)・2号機(566MW)・3号機(890MW) 
 

発生時

状 況

 1.出力   MWにて(出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中)
 
  2.第15回 定期検査中







発 生 状 況
 概  要


























 

 設備トラブル ・ 人身事故 ・ 地震 ・モニタ関係 ・その他

1.発生日時:  9月 8日  14時40分頃

2.場  所: 伊方2号機 原子炉格納容器内EL10m(管理区域)

3.状  況: 伊方2号機第15回定期検査において、原子炉内中性
       子測定装置の案内管(コンジットチューブ)にサビが付
       着していたことから液体浸透探傷検査(PT)を実施し
       たところ、9月8日、14時40分頃、欠陥指示のある
       ことが確認されました。    (9月8日連絡済み)

        調査の結果、案内管36本のうち5本にさび状の汚れ
       が付着しておりました。また、このうち2本の案内管の
       表面に非常に浅い傷が認められ、中でも比較的長い傷3
       箇所について表面組織の観察を実施した結果、割れ等の
       有害な傷ではないことが確認されました。

        さび状の汚れの付着箇所の上方(原子炉容器下部保温
       と周辺壁面との隙間)を、下側から小型TVカメラを使
       用して目視点検したところ、原子炉容器下部保温の下端
       から約4.9mの位置に円筒形の異物があるのを確認しまし
       た。
        原子炉下部保温材表面及び周辺壁面には、異物から下
       方に向けての液だれの跡がありましたが、上方には液だ
       れの形跡はありません。なお、円筒形の異物には、白っ
       ぽいものが付着しておりました。
        試料採取のため円筒形の異物を回収したところ、外径
       約70mm、幅約45mmの一巻きのテープであることを確認し
       ました。

        今後は、回収したテープやさび状の汚れ、白い付着物
       等について分析・評価を行うとともに、原子炉容器上部
       周辺の調査を行うこととしております。
 


運転状況
 

1号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
2号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中
3号機:出力運転中・調整運転中・出力上昇中・出力降下中・定検中


 備 考

 

 
 添付資料−2:異物確認状況図

 

県の公表区分の説明など 周辺環境放射線確認結果  異常発生箇所(系統図)
写真 用語解説