用語解説
 
○余熱除去系
 原子炉を停止した後に、炉心から発生する熱を除去・冷却するため、一次冷却水を循環する系統。
 ループA及びループBの2系統設置されており、各系統に水を循環するための余熱除去ポンプ、水を冷却するための余熱冷却器が、それぞれ1基ずつ設置されている。
 
○低圧抽出ライン
 原子炉起動前及び停止後の1次冷却水の圧力が低い(約28気圧以下)ときに、1次冷却水を循環して浄化等を行う場合に、余熱除去系配管から、化学体積制御系の配管へ、1次冷却水を送水する配管。
 
○液体浸透探傷検査
 表面の微小な傷を検査する手法で、あらかじめ浸透液を塗布し、傷に浸透させた後、現像液を塗布し、発見する検査方法。
 
○塩化ビニルテープによる充填配管からの漏えい
 平成12年10月13日、伊方1号機において、建設時に貼り付けた塩化ビニルテープの影響による塩化物応力腐食割れが発生し、一次冷却配管系統の耐圧試験において、充填配管から耐圧試験水が漏えいした。