用語の解説
 
○湿分分離加熱器
 高圧タービンを回した後低圧タービンに送られる2次系蒸気(放射能を含まない)中の微小な水滴を除去するとともに、蒸気をさらに加熱するための設備。
 湿分分離のために邪魔板が設置されており、水滴は邪魔板にぶつかって除去される。また、加熱のために伝熱管が設置されており、内側に高圧タービンに入る前の2次系蒸気を送って加熱している。
 1号機には、4台の湿分分離加熱器があり、それぞれ690本の伝熱管が設置されている。
 伝熱管については、定期検査毎に漏えい検査を実施し、漏えい等が確認された場合には、栓をして使用しないこととしており、湿分分離加熱器1Aについては、これまで690本中5本を施栓している。