用語の解説
 
○低圧給水加熱器
 復水器で水に戻された2次冷却水(放射能を含まない水)を蒸気発生器に戻す際に、あらかじめ加熱するための設備。給水加熱器の伝熱管の中に復水(2次冷却水)が通っており、その外側に低圧タービンから抽気した2次冷却水の蒸気を送って加熱している。
 3号機には、2系列4台ずつ(復水器側から第1〜第4)の計8台の低圧給水加熱器があり、更に高圧給水加熱器で加熱されて蒸気発生器に送られている。伝熱管の数は、3号機の第1低圧給水加熱器では、1台当たり778本。