原安発 第 762号
                             平成14年5月29日
 
愛 媛 県 知 事
 加 戸 守 行 殿
 
                        四国電力株式会社
                        取締役社長 大西 淳
 
伊方発電所のアクシデントマネジメント整備報告書等の提出について
 
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、当社事業につきまして格別のご理解を賜り、有り難くお礼申し上げます。
 さて、当社は、平成4年7月28日付け資源エネルギー庁の指示を受け、平成6年3月に伊方発電所のアクシデントマネジメント検討報告書を資源エネルギー庁に提出するとともに、順次アクシデントマネジメントの整備を進め、平成11年9月までに終了しております。
 このほど、アクシデントマネジメント整備の有効性評価をとりまとめ、これまでの整備状況と合わせ、本日、下記報告書を原子力安全・保安院に提出しましたので、安全協定第10条第4項に基づきご報告いたします。
                                敬 具
 
 
 
                                                                   以 上