環政第1074号
平成14年9月3日


 
 四国電力株式会社
原子力本部長 太田克己殿


 
                    愛媛県県民環境部長 武智勝久


 
          伊方発電所の安全確保活動全般に係る
          不正の有無の確認について

 8月29日に原子力安全・保安院から発表された東京電力兜沒第一、福島第二、柏崎刈羽の原子力発電所における自主点検記録の不正については、8基の原子力発電所で、現在も炉内にひび割れのある部品が存在する疑いがあるとされるなど、住民の信頼を裏切る行為であるとともに、安全確保の根幹となるべきモラルの欠如に起因する極めて重大かつ深刻な問題と受け止めております。
 ついては、貴社の伊方原子力発電所において、今回問題が指摘されている自主検査記録のみでなく、定期検査記録、日常点検記録、異常報告等安全確保全般にわたって不正がないか厳正かつ徹底した調査、確認を実施のうえ、速やかに明確な根拠とともに報告して下さい。
 また、かかる不正の防止策についても、十分であるか再検証し、併せて報告願います。