制御出力カード試験結果(工場)
出力信号監視用回路入出力試験
  電 圧
入力値 中間測定値(基準値) 出力値 (基準値)
初期状態 ICC交換後
1 0.400V 1.000V (1.000V) 0.868V (1.000V) 1.002V (1.000V)
2 1.200V 3.003V (3.000V) 2.845V (3.000V) 3.002V (3.000V)
3 2.000V 5.007V (5.000V) 4.817V (5.000V) 5.004V (5.000V)
判定基準   ±0.2%FS (±0.008V)
判定結果   不良
   出力信号監視用回路の出力値は、判定基準 ±0.008Vのところ、最大誤差 -0.183V (-4.6%FS)で基準値を満足していなかった。
  また、中間測定値は、判定基準内にあり正常であることから、ICCが故障していることが推定された。

  ICCを交換し、出力値を測定したところ、判定基準を満足し、正常に動作することを確認した。[最大誤差 +0.004V (+0.1%FS)]