[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成15年8月分)
 
15.9.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成15年8月に、安全協定に基づき四国電力鰍ゥら県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備 考
 

炉内出力分布測定における制限値の一部超過
(3号機)
15.8.6
通常運転中、定期的な炉内出力分布測定において、炉心上部の出力が制限値を超えていることを確認したため、原子炉出力を約2%降下。炉心上部の出力評価の方法について再検討し、定期検査直後の諸元に基づき評価していたこれまでの方法から、ウラン燃料の燃焼の進み具合に応じた諸元に置き換えて、再評価を行った結果、制限値を下回っていたことを確認。環境への影響はなかった。
×
速報済

新燃料開梱作業中の作業員の負傷
(3号機)
15.8.11
新燃料開梱作業中の作業員が右手人差し指を負傷し、病院へ搬送した。作業員の被ばくや汚染はなかった。
×
(注)
速報済

タービン動主給水ポンプ油清浄器ガス抽出機の自動停止
(3号機)

15.8.15
通常運転中、タービン動主給水ポンプ油清浄器ガス抽出機が自動停止。ガス抽出機を分解点検した結果、モータのファン側ベアリングの損傷が確認されたため、ベアリングを取り替え復旧。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。
×
今 回
公 表

主変圧器保護継電器の自動診断装置の故障
(3号機)
15.8.20
通常運転中、主変圧器保護継電器の異常を示す信号が発信。調査の結果、自動診断装置内の回路の一部の接触不良により自動診断装置が正常に動作しなかったと推定された。自動診断装置の清掃点検を行い復旧。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。
×
今 回
公 表
野外モニタ盤とモニタリングポストNo.4間のケーブル損傷
(1,2,3号機)
15.8.21 通常運転中、No.4モニタリングポストの中央制御室指示が表示不能となった。調査の結果、発電所構内で行われていた堀削工事において、信号ケーブル等を損傷したことが確認された。ケーブルを応急復旧し、正常伝送表示を確認。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。
×
今 回
公 表

補助蒸気配管からの蒸気漏えい
(2号機)
15.8.22
通常運転中、補助蒸気配管より漏えいがあることを確認。漏えい箇所の配管取替を行い復旧。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。
×
今 回
公 表
(注)診断に時間を要し、労働安全衛生法の報告対象に該当するか未確定だったため、A区分として公表
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。