[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成16年3月分)
 
16.4.12
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成16年3月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 




 
総合排水処理装置油分濃度計入口配管部からの処理水の漏えい
(3号機)


 
16.3.7




 
通常運転中、総合排水処理装置油分濃度計入口配管部より水の漏えいがあることを運転員が発見。当該部を隔離し、点検の結果、当該配管継手部からの微少な漏えいであることを確認。漏えいは微量であり、油分濃度の測定には影響はなし。このため、当該部を新品に取替え復旧。取替え等に伴う油分濃度計隔離中は処理水の放出を停止。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。




 
×




 
今回
公表



 








 
充てんポンプC号機の異常
(3号機)





 
16.3.9







 
通常運転中、一次冷却材ポンプ封水注入量の異常を示す信号が発信。調査の結果、充てんポンプ3Cの不調を確認し、停止。軸シール部からの漏えいがあったため、原子炉補助建屋排気筒のモニタ値が一時的に上昇したが、周辺環境モニタには異常はなかった。
(その後の調査に基づく、原因及び対策について、4月5日公表済み。)








 








 
速報済






 


 
地震の観測
(2号機)

 
16.3.16

 
伊方発電所で6ガル(2号機)の地震を観測。プラントへの影響はなく、運転を継続。

 
×

 
今回
公表
 
 
2 いずれの事象も、周辺環境放射線への影響はないものでした。