[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成16年6月分)
 
16.7.12
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成16年6月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

ガス絶縁開閉装置設置工事における送電線保護装置の作動
(1,2号機)
16.6.3
伊方2号機定期検査中のガス絶縁開閉装置(GIS)の設置工事において、試充電を実施したところ、電源として使用した送電線の保護装置が作動。調査の結果、GISに封入された絶縁ガスの分析結果に異常があることが判明。当該GISユニットの分解調査の結果、現地での組立作業において、金属性導体を接続口に差し込む際、互いの部品がわずかに接触して金属屑が発生し、試充電時に、その金属屑の影響で短絡に至ったものと推定。このため当該GISユニットを新品に取り替えるとともに、同様の組立作業を実施した箇所の開放点検を実施し、金属屑等がないことを確認。その後、再度試充電を実施し異常のないことを確認し復旧。プラント運転及び環境への影響はなかった。
×
今回
公表
 
2 本事象は、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。