[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成16年10月分)
 
16.11.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成16年10月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

復水脱塩装置苛性ソーダ攪拌ポンプの傷
(3号機)
16.10.4
通常運転中、復水脱塩装置内の苛性ソーダ攪拌ポンプのケーシングにわずかな白い析出物(苛性ソーダ)を確認。点検の結果、ポンプケーシングの外表面にわずかな傷が認められたことから、当該ケーシングを新品に交換し復旧。プラント運転及び環境への影響はなかった。
×
今回
公表
アスファルト固化装置熱媒循環ポンプの温度スイッチの異常
(2号機)
16.10.6 通常運転中、アスファルト固化装置を停止したところ、「キャンドポンプモータ過熱」の警報が発信。点検の結果、熱媒循環ポンプAの温度スイッチに異常を確認。調査の結果、熱媒循環ポンプAに内臓のモータ過熱検出用温度スイッチの回路が断線していることが判明。このため、当該ポンプを取り替えることとした。また、当該ポンプには予備機があり、アスファルト固化装置は予備機を使用し通常どおり運転。プラント運転及び環境への影響はなかった。 × 速報済
伊方発電所敷地内での火災 16.10.12 発電所構内で作業員が煙を発見し、消防車を要請。塗料庫から出火していたため、消火活動を実施し、その後消防署員が鎮火を確認。本事象による負傷者及び発電設備への影響はない。プラント運転及び環境への影響はなかった。 × 速報済
補助蒸気配管ドレン配管の傷
(1号機)
16.10.18 定期検査中、補助蒸気配管ドレン配管のストレーナ部からの蒸気漏れを発見。その後、前後にある弁を閉止し蒸気漏れは停止。点検の結果、当該ドレン配管のストレーナ部にわずかな傷が認められたことから、当該ストレーナ部を新品に取り替える。プラント運転及び環境への影響はなかった。 × 今回
公表

脱気器建屋内における蒸気確認
(1号機)
16.10.20
定期検査中、運転員が脱気器建屋内の一部で蒸気を確認。補助蒸気配管を調査の結果、漏えいや減肉等の異常はなかった。台風の影響による雨水や海水が配管ダクト内へ大量に流入したため、当該配管に接触し、熱せられたことから蒸気となり、脱気器建屋内の配管ダクト入口部等から湯気状に立ち上がったものと推定。プラント運転及び環境への影響はなかった。
×
今回
公表
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。