[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成16年12月分)
 
17.1.11
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成16年12月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

スチームコンバータドレン冷却器フランジ部からの蒸気漏えい
(3号機)
16.12.10
通常運転中、スチームコンバータドレン冷却器フランジ部からの微少の蒸気漏えいを保修員が確認。当該部を隔離し調査の結果、漏えいしたフランジパッキンのシート部に僅かな漏えい跡が認められたため、当該パッキンを新品に取り替え、漏えいのないことを確認し復旧。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。
×
今回
公表
屋外埋設配管からの消火用水の漏えい 16.12.17 発電所構内機材保管庫付近で作業員が屋外の埋設配管付近から地表に水が漏れ出ていることを確認。当該部を隔離し点検の結果、消火用水の埋設配管に腐食による貫通穴を3箇所確認。このため、当該部配管を新品に取り替え漏えいのないことを確認し復旧。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。 × 今回
発表
ほう酸注入ライン(常用)の異常
(3号機)
16.12.18 通常運転中、ステムフリーテスト実施において、ほう酸注入ライン(常用)が使用できないことを確認。その後、他のほう酸注入ラインが使用可能であることを確認。また当該ラインからの漏えい等の不具合ではないことから、ほう酸が詰まったものと推定。このため、当該ラインを区画毎に順次、通水確認を実施した結果、正常に通水できることを確認。詰まりは、当該ラインに滞留中のほう酸水が局部的に濃縮して、ほう酸が析出し、一時的に発生したものと推定。当該ラインは2ヶ月に1回通水しているが、今後1ヶ月に1回とし、詰まりを防止する。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。 × 速報済

原子炉補助建屋排気筒排気ダクトのひび割れ
(1号機)
16.12.23
定期検査中、原子炉補助建屋排気筒に接続されている排気ダクトの点検口設置工事に伴い、点検口付近の調査を実施した結果、当該ダクトにひび割れを確認。点検調査の結果、ダクト内面に12箇所のひび割れ、そのうち貫通したものを4箇所確認。今後、金属組織調査等により、原因究明を実施。環境への影響はなかった。

速 報


復水器の海水の漏えい
(2号機)
16.12.24
通常運転中、復水器ホットウェル2Dに微量の海水が漏えいしていることを確認。漏えいした海水は復水脱塩装置により除去されるため、運転上問題はない。その後、CVケーブル取替に伴う計画的な発電停止に合わせて、2Dを隔離し、点検調査の結果、細管1本が漏えいしていることが判明。このため、当該配管に施栓を行うとともに、渦流探傷検査により有意な指示が確認された細管32本に予防施栓を行い、漏えいのないことを確認し復旧。環境への影響はなかった。
×
速報済

海水ピット水位計電源装置の故障
(3号機)
16.12.25
通常運転中、海水ピット水位計の異常を確認。調査の結果、当該水位計の信号変換器に電源を供給している電源装置の故障により、水位指示が異常を示したものと確認。このため、電源を仮復旧し、その後、代替品の電源装置に取り替え通常状態に復旧。なお、海水ピットの水位計には、当該水位計とは別に通常監視用の水位計があり、水位監視には支障はなかった。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。
×
今回
公表
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。