[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成17年1月分)
 
17.2.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成17年1月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
取水ピットBの水位計の故障
(3号機)
17.1.10 通常運転中、取水ピットBの水位計の異常を示す信号が発信。当該水位計各部を調査の結果、上流側水位検出器が、大潮で最も潮位が下がった際、一時的に水位検出ができない状態となり、信号発信に至ったものと判明。現在、当該水位検出器は正常に動作。今後、新品に取替えるが、取替えまでの間は動作状況を監視しながら継続使用する。なお、取水ピット水位計は、除塵装置の運転制御に使用しているが、A系、B系何れかの水位差が設定値以上で自動的に運転を開始するよう設定しており、除塵装置の運転に問題はない。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。 × 今回
公表
変圧器搬出作業中の作業員の負傷
(3号機)
17.1.12 通常運転中、タービン建屋内で動力用変圧器の搬出作業中、作業員が右手小指を負傷。病院での診察の結果、「右小指不全切断、右中環指挫滅創、1か月間の外来加療を要するが就労に特に問題なし」と診断。作業員の被ばく、汚染はなかった。 × 今回
公表
A※ 非常用ディーゼル発電機の海水流量計検出配管からの海水漏えい
(3号機)
17.1.19 通常運転中、非常用ディーゼル発電機3Bの海水流量計の点検中に同検出配管から海水が漏えいしていることを作業員が確認。当該部を隔離し点検した結果、海水流量検出配管の取付けねじ部が折損していることを確認。このため、当該検出配管を新品に取替え、漏えいのないことを確認し復旧。なお、本事象に伴い、非常用ディーゼル発電機3Bを待機除外したため、保安規定に基づき3A号機の起動試験を行い、問題ないことを確認。プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。 × 速報済
※国における法律に基づく報告対象該当の有無の確認に時間を要したため、A区分として公表した。
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。