お 知 ら せ
 
16.8.18
原子力安全対策推進監
 
 原子力安全・保安院では、美浜3号機の2次系配管破損事故に鑑み、8月11日、電気事業法に基づき、各電気事業者に対し、管理指針に照らして肉厚管理が未実施である部位の有無について確認するよう指示しておりましたが、四国電力では、これに対し、本日、別添のとおり報告した旨、安全協定に基づき、県へも報告がありましたので、お知らせします。
 
 
 
(参考)
報告要旨:「原子力設備2次系配管肉厚の管理指針(PWR)」に照らして、対象範囲の配管の肉厚管理が未実施である部位はない。




 
号機 点検対象部位 肉厚管理未実施部位 備  考
  2,516     0 点検対象部位には、"ステンレス配管へ取替済のもの"を含まず、"減肉傾向のない箇所で念のため点検対象とするもの"を含めているため、8月12日付報告とは数が一致しない。
  2,373     0
  4,200     0
  9,089     0

      ○報告書