[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成17年5月分)
 
17.6.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成17年5月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
空調用冷凍機3Dの異常
(3号機)
17.5.12 通常運転中、空調用冷凍機3Dの期間外定期点検を実施中、冷凍機圧縮機の羽根車の入口部に損傷を確認。このため、詳細調査を実施する。なお、冷凍機は4台あり、現在運転は1台で実施しており、空調機能に支障なし。当該設備は中央制御室や機械室等の空調に使用。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。 速報済
ほう酸濃縮液ポンプ2Aシール部からの漏水
(2号機)
17.5.13 通常運転中、ほう酸濃縮液タンク周りの弁点検後の確認のため、純水にて循環運転を実施したところ、ほう酸濃縮液ポンプ2Aのメカニカルシール部から漏水。分解点検の結果、シールリングと軸スリーブの間にOリングが噛み込み固着したため、ポンプ起動時にシール部に隙間が生じ、漏えいに至ったものと推定。このため、軸スリーブ表面を手入れし、メカニカルシールを新品に取替え、試運転を行い漏えいのないことを確認し復旧。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。 × 速報済
抽気逆止弁動作試験における動作異常
(3号機)
17.5.18 通常運転中、抽気逆止弁動作試験において、第3抽気逆止弁3Bが閉動作しないことを確認。調査の結果、抽気逆止弁駆動用の電磁弁の不良を確認。このため、当該電磁弁を新品に取替え、正常に動作することを確認し復旧。プラント運転及び環境への影響はなかった。 × 今回
公表
伊方発電所における地震の観測 17.5.25 伊方発電所で17ガル(1,2号機)及び24ガル(3号機)の地震を観測したが、異常なく運転を継続。なお、点検の結果、伊方3号機中央制御室にて地震発生を示す表示灯(観測用地震計)が点灯しなかった。その他設備には異常なかった。 × 速報済
雑固体焼却設備排気ラインの伸縮継手部のひび割れ 17.5.30 雑固体焼却設備において、先週の運転開始前の予熱時に3基ある1次セラミックフィルタ入口部に温度差があったことから点検を実施したところ、排気ラインの伸縮継手部1ヶ所にひび割れを確認。なお、当該排気ライン内は負圧であり外部への排ガスの漏えいはない。また放射線モニタ等に異常は認められなかった。プラント運転及び環境への影響はなかった。 × 速報済
屋外消火用水配管からの消火用水の漏えい
(1,2号機)
17.5.31 通常運転中、屋外消火用水配管からの漏水を運転員が確認。調査の結果、当該配管の空気抜き弁の取付フランジ部のパッキン1箇所にき裂があることを確認。このため、当該パッキンを新品に取替え、漏えいのないことを確認し復旧。プラント運転及び環境への影響はなかった。 × 今回
公表

 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。