[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成17年8月分)
 
17.9.12
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成17年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1,2号機)
17.8.18 送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大5.7%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。 × 今回
公表
消火ポンプB出口配管からの消火用水の漏えい
(1,2号機)
17.8.22 通常運転中、消火ポンプB出口配管より水が漏えいしていることを保修員が確認。点検の結果、当該配管に貫通穴1箇所を確認。このため、当て板による溶接補修を行い、漏えいのないことを確認し仮復旧。今後、新しい配管に取替える予定。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。 × 今回
公表
復水脱塩装置の再生塔排水配管からの水漏れ
(3号機)
17.8.23 通常運転中、復水脱塩装置の再生塔排水配管からの水漏れを作業員が発見。点検の結果、当該配管に貫通穴1箇所を確認。当該配管を新品に取替え、漏えいのないことを確認し復旧。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。 × 今回
公表
海水淡水化装置B号機の蒸発器からの蒸気漏れ
(1,2号機)
17.8.25 通常運転中、海水淡水化装置B号機の蒸発器から僅かな蒸気が漏れていることを保修員が確認。点検の結果、蒸発器胴部に腐食減肉による貫通穴を1箇所確認。このため、当て板による溶接補修を行い、漏えいのないことを確認し復旧。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。 × 今回
公表
セメント固化装置の脱水機の自動停止
(3号機)
17.8.26 通常運転中、セメント固化装置の脱水機が自動停止。原因調査実施中。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。 × 速報済
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。