[別紙1]
[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成17年12月分)
 
18.1.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成17年12月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 


 
第5高圧給水加熱器Aの伝熱管溶接部からの漏えい
(2号機)


 
17.12.1


 
定期検査中、第5高圧給水加熱器Aの漏えい検査において、管板と伝熱管との溶接部の漏えいを確認。調査の結果、微小な貫通穴(直径約0.1ミリメートル以下)を1箇所確認。このため、当該部を切削除去後、溶接補修を行い復旧。環境への影響はなかった。


 
×


 
今回
公表


 




 
安全注入系統配管のドレン配管溶接部からの漏えい
(2号機)


 
17.12.20



 
定期検査中、安全注入系通水試験の準備作業の際、当該ドレン配管と弁との溶接部付近からの漏えいを確認。その後、当該ラインを隔離し漏えいは停止。漏えい水は、約2.5リットル、放射能量は約1.9×10ベクレルと推定、原子炉格納容器サンプに回収され、作業員等の汚染・被ばくはなかった。今後、当該箇所を新品に取り替え、原因調査を実施する。環境への影響はなかった。




 
×


 
速報



 
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。