[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成18年8月分)
 
18.9.11
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成18年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1,2号機)
18.8.2


 
送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大8.5%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。


 
×


 
今回
公表

 



 
送電線自動復旧装置の異常信号の発信
(1,2号機)


 
18.8.3


 
通常運転中、送電線自動復旧装置の故障を示す信号が発信したため、同装置を不使用とした。その後の点検調査の結果、同装置再閉路ユニット内部基板の信号リセット操作により信号表示灯は消灯し、通常状態に復帰。その後の装置の自動点検並びに運転状況確認においても異常は認められなかった。引き続き、異常を示す表示灯が点灯した要因を分析する。プラント運転及び環境への放射能の影響はなかった。


 
×



 
今回
公表

 



 
伊方発電所における地震の観測
(1,2号機)

 
18.8.23


 
伊方発電所で3ガル(1号機)及び3ガル(2号機)の地震を観測。プラントへの影響はなく、運転を継続。
 



 
×


 
今回
公表


 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1号機)
18.8.23


 
送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大5.1%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。


 
×


 
今回
公表

 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(2号機)
18.8.23


 
送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大5.3%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。


 
×


 
今回
公表

 




 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1,2,3号機)
18.8.25



 
送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大16.6%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。
 




 
×



 
今回
公表


 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1,2号機)
18.8.26


 
送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大9.5%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。


 
×


 
今回
公表

 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1号機)
18.8.30


 
送電系統への落雷による電力系統の変動により、瞬間的な電気出力の変動(最大6.4%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。


 
×


 
今回
公表

 

作業員の負傷
18.8.30
発電所構内で、仮設プレハブ小屋解体作業中の作業員が転落して負傷したため、社有車で病院へ搬送。診察の結果、肋骨骨折等により一週間の安静加療が必要であるが、入院治療の必要はない。
 
×
 
今回
公表
 
 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。