[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成19年8月分)
 
19.9.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成19年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報連絡
年月日
 

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 


 
中間領域中性子束検出回路の信号処理ユニットの異常
(1号機)


 
19.8.3


 
通常運転中、中間領域中性子束検出器が不調である信号が発生した。調査の結果、2系統ある中間領域中性子束検出回路のうち、1系統の信号処理ユニットの不具合により、指示が不調となったことが判明したため、当該信号処理ユニットの取替えを実施し、中間領域中性子束の指示が正常であることを確認し、通常状態に復旧した。通常運転中の中性子束は、出力領域中性子束検出器により計測しており、中性子束の監視に問題はなかった。プラント運転及び環境への影響はなかった。

 
×

 
今回
公表

 



 
アスファルト固化装置補助蒸気戻り配管からの水漏れ
(2号機)


19.8.6



 
通常運転中、アスファルト固化装置補助蒸気戻り配管から、水が漏れているのを運転員が確認した。調査の結果、水漏れは、建屋外に設置しているアスファルト供給タンク等の保温用補助蒸気の戻り配管の溶接部近傍の貫通穴(横2mm、縦1mm)によるものであり、アスファルト固化装置への蒸気の供給を停止したことにより、水漏れは止まった。漏えいした水は、放射能を含まないものであり、漏えい量は、約50リットルと推定される。当該配管を耐食性に優れたステンレス配管に取替え、漏えいのないことを確認し、通常状態に復旧した。プラント運転及び環境への影響はなかった。

×

速報済

 


第6高圧給水加熱器水位制御装置の調節器の異常
(3号機)


19.8.11

通常運転中、第6高圧給水加熱器3Bの水位制御機能に異常があることを運転員が確認した。調査の結果、第6高圧給水加熱器3B水位制御装置の調節器の不具合であることが判明したため、当該調節器を予備品に取替え、水位制御機能に異常のないことを確認し、通常状態に復旧した。復旧までの間、バックアップ用水位制御装置に切り替えており、第6高圧給水加熱器ドレン水位の制御機能に問題はなかった。環境への影響はなかった。

×

今回
公表




非常用ディーゼル発電機1B清水加熱器加熱用補助蒸気の漏えい
(1号機)


19.8.17


通常運転中、非常用ディーゼル発電機1Bの清水加熱器へ蒸気を供給している配管から僅かな蒸気が漏れていることを保修員が確認した。調査の結果、当該配管には、約1mm×約1mmの貫通穴が1箇所確認されたため、補修剤による処置で仮復旧した。その後、当該配管を新品の配管に取替え、漏えいのないことを確認し、通常状態に復旧した。なお、今回の事象は、非常用ディーゼル発電機1Bの機能には影響のないものであった。プラント運転及び環境への影響はなかった。   

×

 
今回
公表



送電線主保護リレーの故障
(3号機)


19.8.21

通常運転中、送電線(四国中央西幹線1L)主保護リレーの異常を示す信号が発信した。調査の結果、主保護リレー装置内にある整定カードの不調により異常を示す信号が発信したものと推定された。このため、当該カードの取替えを行い、運転状況が正常であることを確認し、通常状態に復旧した。プラント運転及び環境への影響はなかった。

×

今回
公表




安全補機開閉機室空調ユニット2Aのヒータ制御弁の異常
(2号機)


19.8.22


通常運転中、安全補機開閉器室空調ユニット2Aヒータ制御弁が固着状態になっていることを保修員が確認した。点検の結果、当該制御弁の弁棒とグランドパッキンを押さえる部品が固着していたため、弁棒の手入れを行い、グランドパッキンを押さえる部品を取替えて、運転状態に異常のないことを確認し、通常状態に復旧した。なお、当該制御弁の点検中は、安全補機開閉器室空調ユニットをB系統に切り替えており、空調機能には問題なかった。プラント運転及び環境への影響はなかった。


×


今回
公表

 
2 いずれの事象も、外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。