[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成21年7月分)
 
21.8.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成21年7月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

 
タービン動補助給水ポンプの運転上の制限の逸脱
(2号機)


 
21.7.1
 
調整運転中の2号機において、自動待機中のタービン動補助給水ポンプのトリップを示す信号が発信したが、現地で作業中の保修員が直ちにトリップ状態をリセットした。
トリップ信号の発信原因は、保修員が誤ってトリップレバーに接触したものであり、同ポンプは健全であったが、トリップ信号発信中の3秒間は、原子炉施設保安規定に定める運転上の制限を満足していなかった。
環境への放射能の影響はなかった。

×
速報済
 

 
第5高圧給水加熱器水位制御器からの水漏れ
(2号機)

21.7.8
調整運転中の2号機において、第5高圧給水加熱器2B水位制御器(バックアップ側)から水漏れがあることを保修員が確認した。
分解点検の結果、水位変化を制御器へ伝達するための機構(トルクチューブのフランジ部)にわずかな貫通穴が生じていたため、水漏れしていたことを確認した。このため、当該部品を新品に取替え、復旧した。
水漏れ(最大見積量:約30cc)については、ウエスにより拭き取った。
第5高圧給水加熱器2Bの水位は、当該水位制御器の隔離中においても、常用側の水位制御器により通常水位に制御されていた。
プラント運転への影響及び環境への放射能の影響はなかった。


 
×

 
今回
公表

 

タービン動補助給水ポンプ駆動蒸気ドレン弁からの蒸気漏れ
(1号機)

 
21.7.10
 
定期検査中の1号機において、タービン動補助給水ポンプ駆動蒸気ドレン弁(手動弁)に小さな貫通した傷があることを保修員が確認した。
この傷からは蒸気が漏えいしており、蒸気温度を高温状態から隔離可能な温度まで下げて当該弁を隔離し、新品に取り替えた。(漏えいした蒸気の最大見積量:約14リットル(液体換算))
弁取替後、蒸気温度を元の状態に上げて当該弁に漏えいのないことを確認し、復旧した。
環境への放射能の影響はなかった。

 
×
 
今回
公表
 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1号機)
21.7.21


 
送電系統への落雷による瞬間的な電気出力の変動(最大6.0%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。
 



 
×


 
今回
公表

 



 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1、2号機)
21.7.21


 
送電系統への落雷による瞬間的な電気出力の変動(最大6.9%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。
 



 
×


 
今回
公表

 


 
モニタリングポストNo.4の伝送装置の異常について
(1、2、3号機共用設備)

 
21.7.22

モニタリングポストNo.4の故障を示す警報が発信し、野外モニタ盤及び環境モニタリング盤の高レンジ記録計表示と放射線管理用計算機システム(TRAMS)の高レンジ線量率の指示値に異常が見られたが、ほぼ1時間後に指示値は復帰した。
調査の結果、当該指示値の異常は、モニタリングポストの伝送装置の一部に異常があったと判明したため、当該部品の取替を実施した。
なお、低レンジ線量率はすべて正常に表示されており、高レンジ線量率は現地のモニタリングポスト及び野外モニタ盤等の指示計で正常に表示されており、復旧までの間、線量率に異常の無いことを確認している。
プラントへの影響及び環境への放射能の影響はなかった。


 
×

今回
公表
 


 
海水淡水化装置洗浄撹拌ブロワの故障について
(3号機)

 
21.7.24
 
伊方3号機海水淡水化装置洗浄撹拌ブロワ3Bのモータとブロワを連結しているベルトが空回りしていたことから、運転員が当該ブロワを停止した。
当該ブロワは停止後、自動起動したが、モータの過負荷状態を示す信号が発信し、自動停止した。
調査の結果、ベルトの空回りは、ブロワ内部において羽根車とケーシングが錆により固着していたためと判明した。
また、ブロワが自動起動したことにについては、同じブロワを使用する別系統からの自動起動信号が発信したことによるものであり、ブロワが自動停止したことについては、ブロワ内部の固着によるモータの過負荷によるものと考えられる。
このため、羽根車、ケーシング等の錆除去・清掃後、復旧した。
プラントへの影響及び環境への放射能の影響はなかった。

×

 
今回
公表

 

 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1、2号機)
21.7.25

 
送電系統への落雷による瞬間的な電気出力の変動(最大7.1%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。
 

 
×
 
今回
公表

 

 
系統ショックによる電気出力の瞬間変動
(1、2号機)
21.7.25
 
送電系統への落雷による瞬間的な電気出力の変動(最大9.0%)が発生。変動は瞬時に復帰し、設備等への影響はなかった。
 


 
×

 
今回
公表

 

 
海水電解装置からの海水漏れ
(1、2号機)

 
21.7.28
海水電解装置の電解槽から海水が漏れていたことから、運転員が海水電解装置を停止した。
漏えい箇所を調査した結果、海水配管に直径約0.5mmの貫通穴があることが判明したため、当該箇所を仮設配管に取り替え、海水電解装置の運転を開始した。
漏えいした海水(最大見積量:約500リットル)は、海水電解装置の建屋内排水路を通じて海水取水ピットへ排水した。
今後、引き続き詳細を調査するとともに、仮設配管を本来の仕様の配管に取り替えて復旧する。
プラント運転への影響及び環境への放射能の影響はない。


 
×
今回
公表
 

 
海水淡水化装置埋設配管からの海水漏れ
(1、2号機)

21.7.28

 
1、2号機海水淡水化装置建屋北側の道路に陥没があり、内部に水が漏れ出ていることを保修員が確認した。海水淡水化装置海水取水ポンプを停止したところ、水漏れも停止した。
陥没箇所付近を掘削して調査した結果、陥没箇所近傍にある海水淡水化装置海水排水管のエルボ部下部に約14cm×9cmの貫通穴があることが判明した。
貫通穴のあった当該配管を海水淡水化装置から切り離し、排水を流すための仮設排水管を設置し、海水淡水化装置の運転を開始した。
今後、該当箇所を補修して復旧する予定。
環境への放射能の影響はなかった。


 
×

 
今回
公表
 

海水淡水化装置建屋内での塩酸の漏えい
(3号機)

21.7.31

3号機海水淡水化装置建屋内において塩酸ガスの検知を示す信号が発信した。
運転員が現場を確認したところ、建屋内に設置する塩酸貯槽から塩酸が漏えいしていることを確認した。このため、海水淡水化装置建屋への立入を禁止するとともに、運転中であった海水淡水化装置A号機を停止した。
漏えいした塩酸は、海水淡水化装置建屋内の漏えい防止堰内及び排水貯槽に留まっており、建屋外部への塩酸の漏えいはなかった。
また、建屋周辺の環境大気中の塩酸ガス濃度を測定し、測定機器の検出限界以下(0.1ppm未満)であることを確認した。
点検のために塩酸貯槽の液抜きを開始し、液面が漏えい箇所より低下したことから、漏えいは停止した。塩酸貯槽内に残っていた塩酸は、漏えいした塩酸(約160リットル)とともに排水貯槽に全量回収した。
今後、当該箇所を補修して復旧する予定。
環境への放射能の影響はなかった。

×
今回
公表
 
2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。