[異常時通報連絡の公表文(様式1−2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成21年8月分)
 
21.9.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成21年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異
 常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

 
作業員の負傷
(1、2、3号機共用設備)

 
21.8.3
 
建設中の雑固体処理建屋において、ケーブルの端末処理作業を実施中の作業員1名がカッターナイフにより、左の太腿を負傷(長さ約2cm、深さ約5mm)したことから、社有車により病院へ搬送した。
管理区域外の作業であり、作業員の被ばくや汚染はなかった。

 
×
 
今回
公表

 

 
2次系補機冷却用海水配管からの海水漏えい
(1号機)

 
21.8.16

 
通常運転中の1号機において、2次系補機冷却系配管からの海水の漏えいを確認した。
約1.6立方メートル/時の漏えいであり、漏えい海水は全量、湧水ピットに回収された。
その後、当該配管の漏えい箇所に補修処置を実施し、漏えいの無いことを確認した。
今後、当該配管補修部から漏えいのないことを定期的に確認し、次回定検時に当該配管の取替及び詳細調査を行う。
この漏えいによる2次系補機の冷却機能への影響はなく、プラント運転に問題はなかった。また、本事象による環境への放射能の影響はなかった。

 
×
 
今回
公表
 
※平成21年7月31日に発生した「伊方3号機海水淡水化装置建屋内での塩酸の漏えい」(8月10日公表済)については、8月11日に復旧した旨、連絡がありました。