[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成23年5月分)
 
23.6.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成23年5月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

タービン建屋火災感知器短絡保護カードの異常
(3号機)
23.5.10
定期検査中の伊方3号機において、中央制御室で現地の火災感知器の無応答を示す信号が発信した。
調査の結果、タービン建屋中継器盤に設置されている火災感知器信号の短絡を監視する短絡保護カードの警報が発信し、タービン建屋地下1階の一部の感知器が無応答となっていることを確認した。
その後、火災感知器回路の健全性を確認し、短絡保護カードの警報をリセットしたところ、警報が再発信されなかったことから、当該カードに不具合があったものと推定し、カードを取替えて、正常に動作することを確認し、通常状態に復旧した。
復旧するまでの間は、監視人を配置し、火災感知器での監視が不能となったエリアに火災等の異常がないことを確認した。
今後、詳細を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
×
今回
公表
蒸気発生器ブローダウン系統からの水漏れ
(3号機)
23.5.18 定期検査中の伊方3号機のタービン建屋において、運転員が水張り操作をしていた系統の一部から水が漏えい(5m×5m程度)していることを確認した。
調査の結果、ガスケット取り替え作業で取り外していた流量計検出配管が接続されていなかったため、当該部から約200ℓの水が漏えいしたことを確認した。
その後、流量計検出配管を接続し、系統の水張りを再開して、漏えいのないことを確認した。
漏えいした水に放射能は含まれておらず、タービン建屋2階と1階床面にそれぞれ約5m×5m程度溜まっている水をウエスでふき取って処理した。
今後、詳細を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
× 今回
公表
主蒸気管湿分測定用元弁からの水漏れ
(1号機)
23.5.20 通常運転中の伊方1号機において、タービンを運転する主蒸気中の湿分を測定する系統の弁のグランド部から水滴がわずかに滴下している状況が確認されており、今後、滴下量が増加する可能性があることから、予防保全の観点から充てん材を用いて当該弁からの漏えいを止める措置を実施することとした。
その後、充てん材を用いた漏えいを止める措置を行い、当該弁から漏えいのないことを確認した。
なお、措置を実施までの間、当該弁の状況に変化はなかった。
当該弁については、次回定検にて点検を実施する予定である。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
× 今回
公表
 


2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。