[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成23年9月分)
 
23.10.11
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成23年9月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 

開閉所リレー室火災受信機の異常
(3号機)
23.9.2
定期検査中の伊方3号機において、保修員が開閉所リレー室火災受信機に不具合があることを確認した。
直ちに火災の発生のないことを確認した。
その後、当該受信機を交換し、機能確認を行い、通常状態に復旧した。
なお、復旧までの間は、監視人により、当該受信機の対象エリアに火災のないことを監視した。
今後、詳細を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
×
今回
公表
原子炉補機冷却水冷却器海水出口配管の損傷
(1号機)
23.9.22 定期検査中の伊方1号機において、原子炉補機冷却水冷却器1Dの冷却用海水出口配管を点検中、保修員が、海水配管内面のライニングが損傷し、配管が貫通していることを確認した。
当該箇所は配管とフランジの接続部であり、配管の外側はフランジ部材で覆われていることから、運転中の漏えいはなかった。
その後、当該配管の取替えを実施後、配管からの漏えいのないことを確認し、通常状態に復旧した。
今後、詳細を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
× 速報済
海水ポンプ軸受潤滑水流量の低下
(3号機)
23.9.27 定期検査中の伊方3号機において、海水ポンプ3Dの軸受潤滑水流量の低下を示す信号が発信した。
そのため、予備の海水ポンプ3Cを起動し、海水ポンプ3Dを停止した。
その後、軸受潤滑水流量計の点検を実施したところ、流量検出器の内部に汚れが付着していたため、検出器の清掃を実施した。
清掃後、軸受潤滑水流量計の指示が問題ないことを確認し、さらに初期運転状態での状況を確認するため、海水ポンプ3Dを起動し、状態を監視した結果、異常が認められないことから、通常状態に復旧した。
この間、予備の海水ポンプ3Cによって、発電所に必要な海水流量は確保されており、問題はない。
今後、詳細を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
× 今回
公表
 


2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。