[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成23年12月分)
 
24.1.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成23年12月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
火災感知器の異常
(3号機)
23.12.24 定期検査中の伊方3号機中央制御室において、現地の火災感知器の無応答を示す信号が発信したため、状況を確認したところ、原子炉補助建屋1階の一部の感知器が無応答であることが判明した。
調査の結果、定検作業で使用する仮設ケーブル用の壁貫通口を施工していたところ、埋設配管の火災感知器用ケーブル及び誘導灯用ケーブルをコア抜き機で切断していたことを確認した。
そのため、仮設ケーブルを敷設するとともに、当該火災感知器及び誘導灯が正常に動作していることを確認し、仮復旧した。
仮復旧までの間は、監視人を配置し、火災感知器での監視が不能となったエリアに火災等の異常がないことを確認した。
今後、詳細を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への影響はない。
× 今回
公表
 


2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。