[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成24年1月分)
 
24.2.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成24年1月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
湧水放出配管からの水漏れ
(2号機)
24.1.5 通常運転中の伊方2号機において、保修員が原子炉補助建家地下の海水管室で湧水放出配管のフランジ近傍からの水漏れを確認した。
その後、当該漏れ箇所を応急補修し、漏えいが止まっていることを確認した。
漏えい水は、最大で約135リットルと推定され、サンプリングの結果、放射能は検出されなかった。
なお、漏えい水については、湧水ピットへ回収され系外への漏えいはない。
今後、原因を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への影響はない。
× 今回
公表
排気筒ガスモニタの一時停止
(2号機)
24.1.27 定期検査中の伊方2号機において、所内母線の一部の停電により補助建家排気筒ガスモニタによる監視が数分間停止した。
その後、電源を復旧し、補助建家排気筒ガスモニタによる監視を再開した。
調査した結果、当該モニタの監視停止期間は6分間であり、その間において放射性希ガスの放出が行われていないこと等から、環境への影響はない。
また、停電については、通常給電している遮断器の点検のために、代わりに給電していた別の遮断機が開放したことによるものと推定している。
なお、停電に伴い停止した機器については、停止の影響はなく、正常に復旧していることを確認した。
今後、原因を調査する。
本事象によるプラントへの影響及び環境への影響はない。
× 速報済
 


2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はないものでした。