[原因と対策の報告の公表文(様式2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について(平成23年3月分)
 
23.12.12
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 四国電力(株)から、平成23年10月までに発生した2件の異常に係る原因と対策の報告がありましたので、お知らせします。
 
[報告書の概要]
県の
公表
区分

異常事項
 
発 生

年月日

推定原因等
 

対     策
 
中央制御室放射線モニタの異常
(3号機)
23.3.7 通常運転中の伊方3号機において、中央制御室内の放射線量を測定する放射線モニタの指示が一時的に上昇し、中央制御室の換気系隔離が動作した。その後、指示は徐々に低下し、通常の値に戻った。
本事象は、当該モニタのメーカー詳細調査でも再現性が見られなかったことから、一過性の不具合により指示が一時的に上昇したものと推定。
本事象によるプラントへの影響及び周辺環境への放射能の影響はなかった。

(1)当該モニタの検出器、信号処理部品を予備品に取替え、健全性を確認のうえ復旧した。
(2)これまでと同様に日常保修点検(1か月点検、6か月点検)及び定期点検を実施し、健全性を確認するとともに、運転中のモニタ故障に対応するため、信号処理部及び検出器の予備品を常備しておく。
(3)念のため、当該モニタの検出器への接触による振動及び静電気によるノイズを防止するため、注意表示を当該モニタの近傍に掲示した。

非常用ディーゼル発電機燃料油貯油槽油面計の異常
(1号機)
23.3.26 通常運転中の伊方1号機において、非常用ディーゼル発電機の燃料油貯油槽の油面計が正常な値を指示していないことを確認した。
調査の結果、貯油槽内部に設置された油面計検出部に折損が見られ、溶接に一部不良箇所が確認された。
本事象は、フロートの製作時に溶接が十分でなかったことに加えて、測定テープたるみ防止用板バネによる張力やパトロール時における固着確認操作により、溶接部に長年にわたり繰り返し応力が加わったため、溶接部が折損したものと推定。
復旧までの間、検尺棒による油量確認を定期的に行い、本事象によるプラントへの影響及び周辺環境への放射能の影響はなかった。
(1)フロートと測定テープの接続金属を溶接部にバネの張力等が加わらない対策品金具に取替えを実施した。
(2)貯油槽の内部点検(10定検毎)に合わせて、接続金具の取替えを実施するよう計画を見直した。
(3)同型の油面計18台のうち、8台の油面計に今回折損が確認された部品と同じ接続金具が確認されたため、順次取り替えを実施する。
※平成23年5月20日に発生した「伊方1号機主蒸気管湿分測定用元弁からの水漏れ」、同年8月18日に発生した「伊方2号機1次冷却材モニタの異常」、同年9月2日に発生した「伊方3号機開閉所リレー室火災受信機の異常」、同年9月22日に発生した「伊方1号機原子炉補機冷却水冷却器海水出口配管の損傷」、同年9月27日に発生した「伊方3号機海水ポンプ軸受潤滑水流量の低下」及び同年10月22日に発生した「伊方3号機海水ポンプ軸受潤滑水流量の低下」については、現在、四国電力㈱において調査中のため、原因と対策の報告書を受理後、公表します。
 
2 県としては、伊方発電所に職員を派遣し、対策が適切に実施されていることを確認しています。