[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成27年2月分)
 
27.3.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成27年2月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
地震の観測
(1、2、3号機)

27.2.3 定期検査中の伊方発電所において、4ガル(1号機)、5ガル(2号機)及び4ガル(3号機)の地震を観測した。
中央制御室でプラントパラメータを確認し、特に異常はない。
× 今回
公表
海水淡水化装置塩酸注入配管からの塩酸の漏えい
(3号機)

27.2.10 伊方3号機の海水淡水化装置建屋において、逆浸透膜入口海水のpHが上昇したため、海水淡水化装置を停止させた。
その後、運転員が現場で配管フランジ付近から塩酸が漏えいしていることを確認した。
調査の結果、海水淡水化装置B号機への塩酸注入ラインの配管部からの漏えいを確認し、漏えいした塩酸については、全量を回収した。
今後、漏えいの原因について詳細に調査する。
× 今回
公表
 
2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。