[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成27年8月分)
 
27.9.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成27年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
作業員の負傷
27.8.18 構内の蒸気発生器保管庫南側の法面において、防火帯モルタル吹付作業に従事していた作業員1名が、ベルトコンベアに右人差し指を挟み、負傷した。
このため、社有車にて病院に搬送することとした。
作業員の汚染、被ばくはない。
病院で診察した結果、「右示指裂創」と診断され、縫合処置を実施した後、当該作業員は帰宅した。
当該作業員は、翌日出社した。
× 今回公表
作業員の救急搬送
(事務所内)

27.8.20 伊方発電所構内のNo.4保修事務所において、作業員1名が意識不明となり、救急車を要請した。
作業員の汚染、被ばくはない。
詳細は追って連絡する。
※後日、労災にあたらない(個人の疾病)と判断されており、個人情報保護のため詳細連絡はありません。
× 速報済
地震の観測
(1,2,3号機)

27.8.21 伊方発電所において、3ガル(1号機)、3ガル(2号機)および4ガル(3号機)の地震を観測した。
中央制御室でプラントパラメータを確認し、異常はない。
地震による環境への影響はない。
× 今回公表
所内変圧器の火災感知器の不具合
(2号機)

27.8.22 伊方2号機所内変圧器の火災警報が発信し、水噴霧消火装置が作動した。
現地確認したが、火災は確認されなかった。
調査の結果、所内変圧器周辺に設置している火災感知器のうち1個に、不具合があり誤動作したことから水噴霧消火装置が作動したことを確認した。
このため、当該感知器を予備品と取り替えた後、感知器の動作試験を行い正常に動作することを確認し、通常状態に復旧した。
復旧までの間は、監視人により監視を行い、火災のないことを確認した。
今後、感知器不具合の原因について詳細に調査する。
本事象による環境への影響はない。
× 今回公表
 
2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。