[異常時通報連絡の公表文(様式1-2)]
伊方発電所から通報連絡のあった異常について
(平成28年2月分)
 
28.3.10
原子力安全対策推進監
(内線2352)
 
1 平成28年2月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。
県の
公表
区分

異常事項
 
通報
連絡
年月日

概        要
 
管理
区域
該当
国へ

報告

備考
 
作業員の負傷
(3号機)
28.2.11 3号機取水口クレーン付近において、クレーン撤去の作業中の作業員1名が左足を負傷したため、社有車にて病院に搬送することとし、出発した。
作業員の汚染、被ばくはない。
負傷した状況は、作業員が撤去するクレーンに転倒防止用のワイヤーを張る作業を実施していたところ、コンクリートブロック上面に仮置きした固定用のフックが滑り落ちて左足に接触して負傷したもの。
病院で診察した結果、「左下腿打撲」と診断された。
当該作業員は、翌日出社した。
× 今回公表
地震の観測
(1,2,3号機)
28.2.12 伊方発電所において、3 ガル(1号機)、4ガル(2号機)および3ガル(3号機)の地震を感知した。
中央制御室でプラントパラメータを確認し、異常はない。
地震による環境への放射能の影響はない。
× 今回公表
作業員の負傷
(3号機)
28.2.22 3号機原子炉補助建屋内(管理区域内)において、点検作業中に作業員1名が支持構造物に接触し、右目の下を負傷したことから、社有車にて病院へ搬送することとした。
作業員の汚染、被ばくはない。
負傷した状況は、作業員が消火設備の点検工事を実施していたところ、移動中に体勢を崩し、配管の支持構造物等に接触して負傷したもの。
病院で受診した結果、「右大腿打撲傷、右手打撲傷、眼窩底骨折、顔面切創」と診断され、縫合の処置を実施した。
当該作業員は、治療後に出社した。
× 今回公表
 
2 外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。