平成13年度(2001年度) 伊方原子力発電所からの異常通報連絡伊方2号機脱気器水面計配管からの漏えい

一覧に戻る
通報連絡日時:2002年2月14日14時50分
県の公表区分C

伊方発電所から通報連絡のあった異常について

異常の区分

管理区域該当:外 国への報告:なし 備考:今回発表

概要

脱気器水面計配管から2次冷却水が漏えい。

調査の結果、当該配管に微小な傷を確認したため、充填材による補修を行い、漏えいのないことを確認。

プラント運転及び環境への影響はなかった。

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策について

推定原因等

脱気器水面計の保温開口部より、内側に雨水が浸入し、当該配管外表面が湿り雰囲気になったことから、配管外表面の錆止め塗装が一部劣化した箇所において腐食が発生し、進展したことにより貫通、漏えいに至ったと推定される。

対策

  • 漏えい箇所を含む配管をステンレス製配管に取り替え復旧。
  • 当該脱気器まわりについては、平成15年度中に囲いを設ける計画。

県の公表

GET Adobe Acrobat Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、
Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、
バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
異常通報連絡 メニュー
ページの先頭へ