平成13年度(2001年度) 伊方原子力発電所からの異常通報連絡エタノールアミン排水処理装置の自動停止(共用設備)

一覧に戻る
通報連絡日時:2002年2月22日5時15分
県の公表区分C

伊方発電所から通報連絡のあった異常について

異常の区分

管理区域該当:外 国への報告:なし 備考:今回発表

概要

復水脱塩装置の排水を処理するエタノールアミン排水処理装置の「電解槽電圧A系高」の警報が発信し、自動停止。

電解槽には、発熱、発煙等の異常はなく、排水貯槽に、余裕があるため、プラント運転への影響はない。

現在詳細調査を実施中。

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策について

推定原因等

電解槽の電極板めっき層の厚さが運転に伴い減少したため、電圧が徐々に上昇し、自動停止電圧に達したものと推定される。

対策

  • 電圧高信号が発信したA系電解槽の全ての電極板を取替え、復旧済。
  • 電極板の取替について、従来の累積運転時間による管理に加え、電圧値による管理を行うこととし、巡視点検チェックシートに追加する。

県の公表

GET Adobe Acrobat Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、
Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、
バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
異常通報連絡 メニュー
ページの先頭へ