平成13年度(2001年度) 伊方原子力発電所からの異常通報連絡伊方3号機復水器細管洗浄装置ボール循環ポンプの自動停止

一覧に戻る
通報連絡日時:2002年3月31日16時26分
県の公表区分C

伊方発電所から通報連絡のあった異常について

異常の区分

管理区域該当:外 国への報告:なし 備考:今回発表

概要

復水器細管の内壁を洗浄するためのスポンジボールを循環するポンプ2台のうち、B号機の異常警報が発信し自動停止。

ポンプの分解点検の結果、シャフトの折損を確認。

プラント運転への影響及び環境への影響はなかった。

現在詳細調査を実施中。

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策について

推定原因等

ポンプの羽根組立時の嵌め合い部への異物混入等により、主軸外表面に傷が発生し、その傷を起点に、ポンプ運転による繰り返し応力により、疲労破壊したものと推定される。

対策

  • 折損した主軸の新品への取替え等を行い、復旧済。
  • ポンプの羽根組立時には、嵌め合い部の異物確認を十分に行うこととし、点検要領書を改訂。
  • 今回定期検査において、同型ポンプの分解点検を実施する。

県の公表

GET Adobe Acrobat Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、
Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、
バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
異常通報連絡 メニュー
ページの先頭へ