令和4年度(2022年度) 伊方原子力発電所からの異常通報連絡伊方3号機 ルースパーツモニタ装置の異常信号の発信

一覧に戻る
通報連絡日時:2022年12月26日5時12分
県の公表区分C

伊方発電所から通報連絡のあった異常について

異常の区分

管理区域該当:外 国への報告:なし

異常の内容

12月26日(月曜日)5時12分、四国電力株式会社から、伊方発電所の異常に係る通報連絡がありました。その概要は、次のとおりです。

  1. 伊方発電所3号機は通常運転中のところ、中央制御室に「ルースパーツモニタ装置(※)」の異常を示す信号が発信した。
  2. 詳細を調査中である。
  3. なお、本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。

異常の原因及び復旧状況

12月26日(月曜日)10時17分に、四国電力株式会社から、その後の状況について、次のとおり連絡がありました。

  1. 調査の結果、ルースパーツモニタ盤内の装置間に通信の不具合があったことを確認した。
  2. その後、ルースパーツモニタ盤内の装置を再起動し、ルースパーツモニタ装置の機能に異常がないことを確認し、通常状態に復旧した。
  3. 引き続き詳細を調査する。

県では、原子力センターの職員を伊方発電所に派遣し、現場の状況等を確認しています。

※ルースパーツモニタ装置
1次冷却材系統内にルースパーツ(機器や装置の部品が脱落したもの)が発生した場合、1次冷却材系統を構成する配管内壁等に衝突する際の振動を検知する装置。
今回の事象はルースパーツモニタ盤内の装置間に通信の不具合が発生したものであり、1次冷却材系統内のルースパーツによる異常な振動を検知したものではない。

県の公表

GET Adobe Acrobat Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、
Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、
バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
異常通報連絡 メニュー
ページの先頭へ